2017インフルエンザワクチン不足が懸念されます

DSCN0591.JPG
平成29年8月25日厚生労働省の厚生科学審議会で
インフルエンザワクチンの製造量が少ないのが問題になったそうです。

平成29年度のインフルエンザワクチン製造量は2528万本で
昨年より256万本も減り
過去10年間でも平成21年度の2313万本についで
2番目の少なさです。

インフルエンザワクチンは他のワクチンと違い、備蓄ができません。
(作って有効なのは1年限りです)
なぜならば、インフルエンザワクチンはウイルス変異が頻繁におこるので
毎年製造株が違う為です。

今年は最初に選定したインフルエンザの製造株の増殖率が悪く途中で株を変えるなどし
結果として、製造量が256万本も減ってしまいました。

当クリニックでも在庫がなくなり次第終了致します。

予約は不要です。

特に12歳以下のお子様は、接種回数が2回となっておりますので
早めに接種される事をおすすめします。

DSCN0593.JPG
今年の「中秋の名月」(十五夜)は10月4日(水)だそうです。
何気なく見上げた夜空、輝く月・・・
月を眺めていると心が和みます。