2017年01月20日

高感度インフルエンザ検査機器を導入してます

DSCN0528.JPG
「インフルエンザ大流行、感染に注意!」
毎年冬になるとこのフレーズを耳にしますね。
今年も国立感染研究所によると1月13日の時点で全国定点医療機関のインフルエンザ患者数が平均10.58で10以上となり、インフルエンザ流行の注意レベルを超えた事が明らかになりました。

インフルエンザウイルスは1個のウイルスが24時間で100万倍に増え
感染力・繁殖力の強いウイルスです。

インフルエンザ迅速判断キットによる検査をご存じだと思いますが
従来のインフルエンザ迅速判断キットでは、発熱から12時間以内では陽性率が低い事が問題で
発熱後すぐに検査しても陰性(偽陰性)になったり、翌日再度検査しなけらばならなかったりしていました。

発症後48時間以内に治療を開始しないとインフルエンザ治療薬の効果が低くなるため、
早く診断して早く治療を開始したいわけですが、実際にはなかなか難しいところがありました。

当クリニックでは高感度インフルエンザ検査機器を導入しています。
発症してから12時間を経たない時期でのインフルエンザ迅速診断が可能です。
従来のキットでは陰性と出る時期でのインフルエンザ診断が可能になりました。
(すべての場合に陽性と出る訳ではありません)

インフルエンザを早期に診断し、早期に治療して、
患者様がインフルエンザで苦しむ期間を少しでも短くしようと努力しております。

又、まだワクチンを打たれていない方の為に
インフルエンザワクチンを再入荷しました。
数に限りがありますので、早めにお問い合わせ下さい。

写真は、診療の庭のひよこちゃん&仲良し岳とモモです。
FullSizeRender.jpg
posted by 院長のブログ at 23:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月01日

新年あけましておめでとうございます

DSCN0529-thumbnail2[1].jpg
新年あけましておめでとうございます。

昨年は、感染性胃腸炎の原因のウイルスである
ノロウイルスが大流行した年でした。
遺伝子変異がノロウイルスにおこり
このウイルスに免疫のない人々が感染し
爆発的な流行になりました。

特に、ノロウイルスによる感染は
特効薬や予防するワクチンもなく
嘔吐・下痢などに対する対症療法しかありません。

今年もインフルエンザとノロウイルスによる感染は
年があけても流行すると思われます。
クリニックスタッフ一同今年も皆さまの健康保持、増進のため頑張ってまいります。

DSCN0533.JPG

昨年から、ミニチュウアシュナウザーを飼いはじめました。
室内犬は初めてなので戸惑いもありましたが、今は可愛さにメロメロです。
一緒に散歩して健康増進に努めたいと思います。

クリニックのお休みは
12月30日~1月4日までです。
1月5日(木曜)から通常どおり診療いたします。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。


posted by 院長のブログ at 12:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする